ブログ

フッ素樹脂メッシュベルト修理

フッ素樹脂メッシュベルトの部分補修について

お客様にて、フッ素樹脂メッシュベルトに穴をあけてしまった場合の補修方法を紹介します。目的としては、もとの状態に近い状態に戻し、通気性と剥離性を考えた補修方法です。

①穴の開いた写真

 

 

②カットした写真

 

 

③補修するベルトと同じ素材の糸を利用して、四辺に編み込みの作業をします。

 

 

④補修完了後の写真

 

このようにフッ素樹脂メッシュベルトの補修ができます。今回は、ガラス繊維のベルトで実践しましたが、アラミド繊維のベルトでも同じように補修が可能です。通気性と剥離性は、通常と同じように使える実績があります。現地での補修、弊社工場での補修も行えます。

 

 

関連記事

  1. フッ素加工 テフロン加工 フッ素加工とテフロン加工
  2. フッ素コートメッシュ材の紹介と活用実例 (クッキング編)
  3. 異物(塗装片)混入対策フッ素コーティング
  4. 製紙工場様向け 現地加工のご案内 汚れ付着、錆び転写、帯電防止等…
  5. カビこんコートのご案内
  6. 抗菌・防カビ処理 フッ素樹脂ベルト抗菌・防カビ加工
  7. シリコンゴムの貼り付け
  8. 冬季休暇のお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フッ素樹脂コーティング フッ素樹脂ベルト 取付工事・メンテナンス 販売製品

最近の記事

  1. 抗菌・防カビ処理
PAGE TOP