ブログ

小プーリー対応SKIガイド

今まで使用が出来ないとされていた小型ベルトコンベアでも使用可能なフッ素樹脂ベルトを開発しました。

今までこのようなお悩みはありませんでしたか?

新しい小型ベルトコンベアを購入したが、

ワークが高温で使用出来ない。早期にベルトが破損してしまう。

高温炉の近くで雰囲気温度によってベルトが破損してしまう。

ベルト表面が滑らない。

物が付いてしまい剥がれない。

ベルトの清掃をもっと簡単にしたい。

 

フッ素樹脂ベルトは、このような問題を解決できる性能を有していますがどうしても蛇行の問題を解決する方法が無かった為

小型コンベアで使用するには困難でした。

フッ素樹脂ベルトを小型ベルトコンベアで使用する時の問題点は、

①蛇行防止ガイドの縫い付けの糸が切れてガイドが早期で外れてしまう。

②蛇行防止ガイドの縫い付けの糸がベルト搬送面に出てしまう為異物混入につながる。

などの問題がありました。

その問題を弊社独自の技術「SKIガイド」により解決!

小型ベルトコンベア(仕様:最小プーリー径φ27.2mm、センターガイド、センター駆動)を使用して社内で走行試験を実施。

結果は

従来の縫い付けガイドと比較して5倍以上の耐久性を確認出来ました。

シートタイプだけではなくメッシュタイプにも対応可能です。

使用条件やベルトタイプによって使用できない場合がございますのでお気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. ホームページをリニューアルいたしました
  2. フッ素樹脂メッシュベルト修理
  3. フッ素樹脂ベルト表面フラット加工
  4. フッ素樹脂ベルトの蛇行調整
  5. 繋げやすいフッ素ベルトの紹介
  6. 繋げやすいフッ素ベルトの紹介
  7. フッ素コートメッシュ材の紹介と活用実例 (クッキング編)
  8. 新型エアーフォースオーブンの共同開発

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フッ素樹脂コーティング フッ素樹脂ベルト 取付工事・メンテナンス 販売製品

最近の記事

  1. 帯電防止コーティングの有効性
PAGE TOP